院長挨拶

HIDEKI YANAGI

柳 英樹


~病は足で治せ~

足は元気のもと。本当の健康を目指すなら足を強くもめ!

「足もみ(足ツボ・反射区)健康法」という考え方は古くからあり、紀元前2500年頃のエジプトの壁画にも残っています。

中国の「皇帝内経」の中に足裏から診断する方法があります。その治療方法は、中国では身分の高い人しかかかれない治療でした。

足もみ(足ツボ)健康法が脚光を浴びるようになったのは、台湾の呉若石神父から始まりました。

台湾で布教活動をしていたスイス人のジョセフ・オイグスター(中国名 呉若石)神父が持病のリウマチを治そうと「未来のための健康法」という本をもとに、足もみを実践し疾患を克服しました。それが台湾で多くの人々に広まり、足もみブームとなったのが始まりです。

いわゆる台湾式足裏健康法とは、呉若石神父の広めた「若石健康法」のことです


日本足操術研究会の施術は、足の反射区を強くもむことが特徴です。

1.眠っている臓器・臓腑に刺激を送ること

2.老廃物の排出

が目的ですから、足を強くもむことが原則です。


なぜなら掌型の皮膚には淡明層という皮膚があり、その負担は体重の倍まで耐えられると言われています。

足底に溜まった汚れを排出するには、淡明層という負担に耐えられる皮膚の裏側に貯まる神経叢などに付着、蓄積した汚れを排出することです。

強い刺激は臓器をより活性化させ、自然治癒力を高めます。

施術によって足の汚れを剥がすことは、足もみをする上での重要なこととなりますので、多少のもみの強さが必要になります。


体の信号を知る

あなたの今抱えている辛い症状はありますか?

例えば 身体が冷える、腰が痛い、足がむくむ等の症状から見えること・・・。

原因はなんでしょうか・・・?

今現れているその症状は、あなたの体の信号ではないでしょうか。


「フットサロン柳」は中医学と西洋医学の知識により、その症状の原因を考えます。

足は、「第二の心臓」と呼ばれています。


また人は「足から衰える」と言われています。足もみは血液を循環して、臓器細胞の活発化を行います。

足もみで病気や老化を予防しましょう!


* 足もみは副作用がほとんどありません。

* 人によっては最初に好転反応が現れる場合があります。


身体全体を診る

例えば、胃が痛いからといって胃の反射区だけを見る、というだけでは解決しません。

その症状に至る関連する臓器・器官を診ます。


身体のほんの一部の異常は、実は身体全体のバランスの乱れである。と考えられます。


1.胃の異常は他の臓器が胃にどのような影響を与えたのか。

2.同時に現れている症状として、不眠・ストレス・自律神経などがあれば、胃に影響を与えた原因の一つになっていないか。


足操術はこの症状の原因になっている臓器・器官の改善をはかり、バランスをとるために施術を行います。


さらに足を揉むことによって足裏に蓄積している老廃物を排出し、さらに身体の気の流れも活発になることにより、弱った身体を元気にさせてくれます。


是非、足もみで私と一緒にいつまでも改善されないその辛い症状を、楽になるよう方向転換しませんか。